>  > 即フェラで寸止めしたデリ嬢

即フェラで寸止めしたデリ嬢

指名をしてみたデリヘル嬢のTを、タオルを腰に巻いた状態で待つ僕。ソワソワせずにはいられません。Tは若干遅れてホテルへとやって来ました。挨拶と説明を受けている最中、Tの可愛さに自然と勃起しています。するとそんなテントを張った姿を見たTが、「待ちきれないみたいですね」と微笑みを浮かべました。お店への電話を掛け終わると、立っている私の前でしゃがみ始めるT。まだ着てきたコートも脱いでいない状態です。そして私のタオルを剥ぎ取ると、いきなりフェラをしてくれました。このフェラがかなり上手で気持ちよいのです。イキそうになるまでペロペロ舐めてくれます。ところがあと少しで…といったところで口を離してしまいます。「ちょっとシャワー浴びてきますね」…思わず絶句してしまいました。お風呂から全裸になって出てくると、「中断しちゃってごめんね」と言ってキスをしてきます。舌を絡めながらチンポを触られ、感度が高まっていたので即射精…。「さっきイキそうだったんだね…」とTは申し訳なさそうな表情へと変わりました。でも「もう1回凄く気持ちよくしてあげるからね」と言って抱きしめてくれます。回復するまでベッドの中でずっとキスをし続け、大きくなってくるとTが軽く手コキから始めました。僕もTの股間に手を持っていくと、お汁が太ももまで垂れています。キスだけでかなり興奮していた様子。そんなお汁を味わいたくなり69を希望します。音を立ててお互いの汁を吸い取り合う僕達。ペニスからもそうだったとは思いますが、Tのマンコから止めどなく溢れ出る汁。そして「あん」「気持ちいい…」とTが漏らす声に興奮が高まります。「さっき舐めている時、出したかったんでしょ?出そうになったら遠慮しないでね」と嬉しい言葉を掛けてくれるT。遠慮はしないで口内射精をさせてもらったのは言うまでもありません。結局この日僕はほとんど69でのプレイに時間を費やした気がします。それでも可愛いTにフェラで抜いてもらえましたし、お汁もいっぱい味わえたデリヘルプレイに満足でした。

[ 2016-02-09 ]

カテゴリ: デリヘル体験談4